お知らせ

お知らせ

【CANDLE NIGHT LIVE 2019】 開催

カンボジア・チャリティーイベント 【 CANDLE NIGHT LIVE 2022 】

お待たせ致しました、3年ぶりに【CANDLE NIGHT LIVE 2019】 開催致します!

今年のテーマは『再起動』。カンボジアチャリティーイベント【 CANDLE NIGHT LIVE 】15周年を記念し、今年はこれまでCNLにゆかりある2組のメインアーティストをお迎えします!

15周年記念LIVE

  • 会 場:浄土真宗本願寺派 松光山 西林寺
  • 日 時:2022年10月9日 (日)OPEN 17:00 – START 18:00
  • 住 所:福岡市博多区吉塚1丁目25-2 TEL:092-621-4424
  • 出 演:bird / 蓮沼執太&ユザーン
  • 入場料:前売り券 3,000円(1Drink ) 当日券 3,500円 150枚限定 ※高校生以下無料
    1. クレジットカード決済でのお申込み(2022年10月6日締め切り)
    2. 西林寺にて購入(ライブ前日まで)

※お問い合わせ:
西林寺 TEL:092-621-4424
mail:yoshibu1976@gmail.com

チケットお求めについて:

・前売券:3,000円(1ドリンク)
・当日券:3,500円(1ドリンク)※販売未定

キャンドルナイトライブ2022のチケットは以下の方法でお求めいただけます
① 西林寺にて直接購入
② インターネットで購入

チケット注意事項:

※ クレジットカード決済でのご購入の場合
チケットの発送は行なっておりません。当日受付にてお申込みいただいた方のお名前を受付までお伝えください。

※ 当日券(3,500円)の販売について
今年は例年よりお客様を100人減らして開催しますので、チケット完売が予想されます。状況よって当日券はご用意しない場合もございます。

アーティスト① bird

【 bird 】
大沢伸一/MONDO GROSSO主催RealEyesより『SOULS』でデビュー。1st, アルバム『bird』は70万枚を売上、日本ゴールド・ディスク新人賞を獲得。02年RealEyesレーベルを巣立。以降は、作曲、プロデュースといったクリエイターとしての才能も発揮。その歌詞と歌声を武器に、あらゆる音楽ジャンルの壁を軽々と飛び越え活躍するその姿勢は、ライブも含め、いずれも高い評価を得ている。05年には、Levi’s501のCM出演を皮切りに、99年のメジャー・デビュー以来自身初となるベスト・アルバム「bird’s nest」を発売。現在は06年夏発売予定のニュー・アルバムに向けてレコーディング中。全国JFN系列14局ネットによるレギュラー・ラジオ番組も好評中。bird オフィシャルHP

アーティスト:蓮沼執太

【 蓮沼 執太 】
1983年、東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織しての国内外でのコンサート公演のほか、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどでの制作多数。近年では、作曲という手法をさまざまなメディアに応用し、映像、 サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会や プロジェクトを活発に行なっている。最新アルバムに6枚組CD『windandwindows』(2018)。2014年はアジアン・カルチャル・カウンシル(ACC)のグランティとして渡米。主な個展に『作曲的|compositions – rhythm』スパイラルガーデン・東京(2016)など。また、2017年文化庁東アジア文化交流使として中国北京にて個展『作曲性|compositions』Beijing Cultural and Art Centerを開催。2018年2月23日から4月8日までニューヨークのPioneer Worksで個展「Compositions」を開催。7月に蓮沼執太フィル・ニューアルバム『アントロポセン』。 <公式サイト

アーティスト:ユザーン

【 ユザーン 】
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入。10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等を配信リリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリースした。15年、Ryuichi Sakamoto + U-zhaanとして「Tibetan Dance / Asience」を7inchレコードで発表。16年には映画『マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』の音楽をU-zhaan + Shuta Hasunumaで担当し、ボーカルにタモリをフィーチャリングした主題歌が話題となった。
また、西林寺においては『はなまつり- お寺マルシェ』に連続出演中。記念すべき第1回の『CANDLE NIGHT LIVE』にメインゲストとして登場。CNL15周年の節目に再び登場。http://u-zhaan.com

主 催:  キャンドルナイト実行委員会

 

協 賛

協 力

【 趣 旨 】

2008年にスタートし、15年目を迎える『CANDLE NIGHT LIVE』(CNL)。“無理をしない程度に、自分たちができる範囲で、継続した活動”をスローガンに、イベントの趣旨に賛同した若い世代を中心に、異分野の同志が集まって開催を始めました。
2001年より西林寺で行うカンボジアの支援活動を通して、幅広い方にカンボジアの現状を知ってもらうと共に、イベントを通して世界の貧困の現状や諸問題について考えるきっかけになればと思っています。

イベントで得た収益は、経費を差し引き、主に3つの支援先へ届けています。

①『International Cambodia NGO School』(教育支援として)
②『Ai Center』(教育支援として)
③『サムボー村井戸建設プロジェクト』(井戸建設・維持費として)寄付致します。

お寺を布教活動の場、先祖供養の場としてだけではなく、出会いの場、地域活動の場、娯楽の場、環境問題や世界の貧困について考える場として、新たな寺院としての役割を目指します。

【 活動の経過 】

2008年度から始まり、これまでに得たライブ収益によって現地学校に新しいパソコンルームが設置されたり、現地では手に入りにくい教材等に変えて寄贈、または学校の運営費・維持費として有効に使われています。

2012年より始まった「サムボー村・井戸建設プロジェクト」では、これまで電気も水道も通っていなかった村に現在27基の井戸を設置し、村人の生活に大きな変化をもたらしています。

2020年、21年は、新型コロナウイルス感染拡大によって、カンボジアでの活動やイベント雨も中止となりましたが、今年は3年ぶりに開催します。2019年開催分の収益302,704円は、今年の収益分と共に、来年、責任をもって直接カンボジアの各支援先へ届けて参ります。

CANDLE NIGHT LIVE ー これまでのアーティスト ー

2008 ヨシダダイキチ × Uzhaan
2009 朝崎郁恵/ヨシダダイキチ/町田良夫
2010 Alayavijana/baobab
2011 Alayavijana/ビューティフル・ハミングバード
2012 INO hidefumi/baobab
2013 藤原ヒロシ+INO hidefumi/逆瀬川剛史
2014 bird /中嶋晃子 with 「E」brothers
2015 INO hidefumi/コトリンゴ
2016 アン・サリー/baobab
2017 畠山美由紀 with 村上ゆき/東田トモヒロ
2018 ”おお雨” 坂本美雨+おおはた雄一 with HARUKA NAKAMURA
2019 蓮沼執太+ユザーン with 青葉市子